ウォーターサーバー(水)の宅配なら!

ウォーターサーバーcrew 北アルプスのウォーターサーバー
 
ウォーターサーバーの選び方
“ウォーターサーバー”と一言でいっても、いろんな会社から多種多様なサービスが出ているので、どれを選べばいいのか迷ってしまいます。 ウォーターサーバーを選ぶときに、どのような点を基準にして選べばいいのか。以下の5つの項目を参考にしてみてください。
1) 水の質
一番のポイントは、やはり肝心の中身、水質ではないでしょうか?
各社それぞれが色々な“おいしい水”を取り扱っています。
大別して、企業独自の方法で濾過している浄水ものと、ミネラルウォーターなどの天然水を売り物にしている場合の二つが挙げられます。
特に天然水の方はさまざまな種類があり、味・成分なども多様なので、自分の好みのものを選ぶと良いでしょう。
付随してお水の料金もかなり異なってくるため、そちらも合わせて確認しておきましょう。
2) 衛生面
空気中にはホコリ・雑菌・カビ菌・細菌・ウィルスなどの有害物質が無数に浮遊しています。
これらは水の大敵で、実はほんの少し触れただけでも、水分中に紛れてしまいます。
なので、清潔でおいしいお水を保つためには、空気の侵入をできる限り防ぐことが大切です。
ウォーターサーバーの構造によって空気侵入の可能性が異なるので注意が必要です。
タンクの取り付け・取り外し時に水が空気に触れることがないか、使用中に空気が混入することがないか、しっかり確認しましょう。
3) 安全性
ウォーターサーバーを設置するときには、転倒や電気系統による火災の危険性に対する安全対策も大切です。
ご家庭のスペース・環境にうまく適応するものを選んでいただき、ご自身でも本体がしっかりと安定するように工夫して頂きたいと思います。
また設置後のメンテナンスサービスや、小さな子供に対してのチャイルドロック対策の有無についても事前に確認しておきましょう。
4) 利便性
ウォーターサーバーは冷水・温水が使える利便性をはじめ、多くの点にメリットがあるので、もはや私たちの生活の必需品になろうとしています。
しかし、生活に深く関わるものだからこそ、水容器の重さや空きボトルの処理など小さな問題にも注意する必要があります。
細かい点ではありますが、そのあと継続していくことや他社への乗り換えの手間を考えると、やはり最初にきちんと検討して選ぶことをお勧めします。
各社の製品・サービスを見比べて、最適なものを選びましょう。
5) 経済性
ウォーターサーバーを使用する際にかかるお金は、ウォーターサーバーのレンタル代金・水の購入料金、日々の電気料金、メンテナンス費用、水の送料など、
以外に細かく分かれているので、できる限り安く済ませたい!とお考えなら、それぞれの小さな差に注意する必要があります。
各社の料金やサービス等を比較サイトでよく見比べた上で契約なさることをオススメします。

基本的には以上の4つの点に注意して選べば失敗はありません。
あとはデザイン性やプレゼント・キャンペーンなどの付加価値的なサービスを見て、気に入ったものを選びましょう。

▲ページトップへ
ウォーターサーバー比較
 
ウォーターサーバー
ウォーターサーバーとは
ウォーターサーバーのメリット・デメリット
ご家庭での活用方法
オフィスでの活用方法
ウォーターサーバーの設置費用
ウォーターサーバーの選び方
ウォーターサーバー一覧
アルピナウォーター
ハワイウォーター
富士青龍水
ワンウェイウォーター
クリティア
クリクラ
コスモウォーター
オーケンウォーター
ドリームウォーター
アクアリズム
TOKAI
アクアクララ六甲
宅水便のキララ
アクアクララ
▲ページトップへ
 
 
ウォーターサーバー利用体験談
ウォーターサーバー体験談募集
北海道 東北 北陸 関東 東海近畿 中国 四国九州 沖縄