ウォーターサーバー(水)の宅配なら!

ウォーターサーバーcrew 北アルプスのウォーターサーバー
 
ウォーターサーバー設置費用

最近では、ご家庭での利用が急激に増えてきたウォーターサーバーですが、やはり気になるのはコスト面でしょう。
まだ利用されていないお客様にとっては“ちょっと高い付加価値的なサービス”に思えるからです。しかし、実はウォーターサーバーは経済的な面でも非常に優れたサービスなのです。

それでは、ウォーターサーバーを利用するにはどれくらいの料金がかかるのでしょう?
ここではウォーターサーバーの利用に関わる料金の目安を見ていきましょう。

1) サーバーのレンタル料金・購入料金
ウォーターサーバーのレンタル料金はおよそ2000円前後です。
最近は電気代の安いエコ商品やデザイン性に優れたもの、衛星面で高機能なものが増えてきていますので、
そういうものになると、若干サーバー自体のレンタル料金は上がってきます。
また購入するとなると、20000円〜100000円くらいが相場となっています。
2) 電気料金
冷水・温水を使用して、月100円〜2000円くらい、平均して1000円前後が多いようです。
家庭用保温ポットにかかる電気代よりも安いものが多いです。
3) 水の料金
お水そのもののお値段がもちろんかかります。
これはお水の種類によってまちまちなので、各社のお水の値段を確認する必要があります。
また、水容器の形状によっては、最後まで水を使いきれず残ってしまうものもあるので、
キレイに使い切れるタイプの容器を選ぶと水代の節約につながるかもしれません。
4) 段ボールのゴミ排出費用
ウォーターサーバーや水容器が入っていたダンボールや使用後のゴミの処理に使うゴミ袋など、
そういった排出費用は有料です。(各自治体で異なるので、ご自身でご確認ください。)
回収式ボトルに関しては無料回収の会社が多いですが、念のため事前に確認しておきましょう。
5) メンテナンス費用
ウォーターサーバーや水容器が入っていたダンボールや使用後のゴミの処理に使うゴミ袋など、
そういった排出費用は有料です。(各自治体で異なるので、ご自身でご確認ください。)
回収式ボトルに関しては無料回収の会社が多いですが、念のため事前に確認しておきましょう。
6) 飲料水の送料・振込手数料
飲料水送料は無料だったり、飲料水料金に含まれている場合が多いようです。
飲料水代金のお支払いは、前払い・代引き・代金引換(振込み・代引き手数料は利用者負担)口座自動引き落とし等があります。
以上の項目以外でも、ウォーターサーバーを使う頻度によっても利用料金に差が生まれてきます。
実際にどのぐらいの費用がかかるのか不安な方は、まずは無料お試しをされてみて、それから契約するかご検討されてみてはいかがでしょう。
▲ページトップへ
ウォーターサーバー比較
 
ウォーターサーバー
ウォーターサーバーとは
ウォーターサーバーのメリット・デメリット
ご家庭での活用方法
オフィスでの活用方法
ウォーターサーバーの設置費用
ウォーターサーバーの選び方
ウォーターサーバー一覧
アルピナウォーター
ハワイウォーター
富士青龍水
ワンウェイウォーター
クリティア
クリクラ
コスモウォーター
オーケンウォーター
ドリームウォーター
アクアリズム
TOKAI
アクアクララ六甲
宅水便のキララ
アクアクララ
▲ページトップへ
 
 
ウォーターサーバー利用体験談
ウォーターサーバー体験談募集
北海道 東北 北陸 関東 東海近畿 中国 四国九州 沖縄